読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代で痩せてるのに血糖値が高いのはどうして?

30代で痩せてるのに血糖値が高いと言われたけれど、それって太ってる人のことでは?そんな人に今日から出来る効果的な対策方法教えます。食べるの大好き&大食いの人必見の情報です。

30代で痩せてるのに血糖値が高いのはどうして?

f:id:kimip_148:20170204013920j:plain

 

まだ30代で痩せているのに、血糖値が高いと言われた。
確かに食べるのは好きだけど、太ってる人が高血糖なのでは?と疑問に思いませんか?



けれど、血糖値が高いと将来糖尿病になるのかも・・と不安だったりしますよね。

 

そこで痩せていても血糖値が高い原因と、今日からできる対策方法を紹介します。

 


■血糖値が高い=太っているではない


確かに太っている(=摂取カロリーが多い)と、血糖値があがって糖尿病などの生活習慣病にかかりやすいです。でも、原因はそれだけじゃないんです。

 

ます、遺伝的な要素です。
両親や祖父母で糖尿病の人がいる場合、糖尿病になる確立が上がります。
両親二人とも糖尿病だと、50%の確率で糖尿病にかかるとも言われています。



普通の人くらいしか食べないのに、血糖値だけ高いという人は遺伝が原因のこともあります。



次に痩せてる人でも注意したいのが、糖類の摂りすぎです。


糖類は、私たちの食事のベースとなるもので、ご飯、パン、麺類、スィーツも糖類です。



ちなみに肉や魚は糖質ではないので、あっさりした調理法にすれば普通に食べても大丈夫です。極端に食べる量を減らすと今度は栄養不足になってしまいます。



あくまでも、糖類の量を減らすことを心がけてくださいね。



やせの大食いという言葉がありますが、結構な量を食べるのに太らない人っていますよね。これは元々太りにくい体質で、すごく恵まれた人なのです。


でも糖類を大量に摂取していると、血中の糖度が上がるのはやせていても同じです。ご飯やパン、ラーメン、牛乳、マヨネーズが大好き、お酒を飲む回数が多い人や野菜嫌いの人は要注意です。



そして、ストレスも原因になります。
仕事、育児、経済的なことなど、ストレスを感じる日々が続くと、そのストレスを解消するために、食べ過ぎたりお酒の飲みすぎになってしまう人も多いです。

 

さらに、睡眠不足やタバコも血糖値が上がる原因と言われています。

 

■血糖値が高いと糖尿病にかかる可能性が高い


血糖値が高いと言われたら、将来糖尿病にかかるかもしれない糖尿病予備軍の可能性が高いです。

 

糖尿病とは食後、自然に下がるはずの血中の糖度が下がらない病気です。
実は糖尿病自体より、糖尿病が引き起こす合併症が怖いのです。



糖尿病にかかると、10年20年という期間を経て網膜症を起こして失明したり、腎臓が機能しなくなって、一生血液をろ過する人工透析をしないと生きてゆけなくなることもあります。



また、ケガの治りが遅くなって足が腐り、切断する人も少なくありません。



お笑い芸人のグレート義太夫さんも糖尿病で、以前テレビで壮絶な闘病生活について語っていました。


彼は糖尿病と診断されても暴飲暴食を続けた結果、現在、病院で全身の血液をろ過する人工透析を受けています。


1日5時間の治療を週3日行っており、1回でも休めば死の危機が訪れるといい、治療は約7年間続いていることが紹介されました。



なぜあの時、もうちょっと自己管理が出来ていなかったんだろう・・と後悔していると涙ながらに語っていました。


血糖値が高いのであれば痩せていても、普段から糖尿病にならないように今から予防しておくことが大切なんです。




■糖尿病は生活習慣で防げる


糖尿病は確かに怖い病気です。でも、安心して下さい。
糖尿病は生活習慣病の一つなので、生活習慣を改善すれば予防できる病気です。



まだ糖尿病と診断される前なら、生活を改善すれば糖尿病予備軍から脱出できる可能性は十分にあります。

 

とにかく、正しい食生活と適度な運動の二つを心がけましょう。



まず、一日三回、暴飲暴食を避けてバランスの良い食事を摂りましょう。たまに外食で食べ過ぎたとしても、日々正しい食生活を送っていれば糖尿病にはなりません。



自宅で食事をする時は、腹八分目で、野菜や海藻、豆類なども積極的に摂るようにします。脂っこいものやご飯やパンなどの炭水化物も控えめにしましょう。


食べてはいけないってことではないので、安心して下さいね。


ご飯やパン、麺類などの主食は今の3割減にしてみて下さい。代わりに野菜や肉、魚を多く摂るようにします。



そして、お酒は飲む回数を減らします。例えば毎日飲む人は週に3日程度にして、休肝日を作ってください。



ストレスが原因で暴飲暴食になりがちな人は、まずそのストレスを少しでも解消できる方法を自分なりに探してみて、実践してみましょう。


なかなかストレス解消は難しいのですが、将来の健康のためと考えてストレスをためないよう気をつけてくださいね。


そして適度な運動ですが、一日30分のウォーキング程度でかまいません。軽いスポーツを続けることが、大切です。


運動をすると基礎代謝が上がって、血中のブドウ糖を消費しやすい体になるからです。



特別に運動しなくても、電車やバスの一駅分歩いたり、エスカレーターでなく階段を使うことで効果はあります。



なるべく歩くことと、糖類抑え目で野菜も食べる食事を日々、心がけてください。シンプルだけどこれが将来、糖尿病にならないための予防策なんです。


続けることで効果が出ますので、続けられるか不安のある人はまず、次の検診まで・・など、日が近いところで目標を立てると、比較的頑張れます。


日々の小さなつみ重ねが、大切なんです。

 

■生活改善の足りない分を補うにはサプリメントも・・・

けれど、元々食べるのが好きで大食いという人だと、糖類を抑えるのは分かっていても正直、つらかったりしますよね。


それに、運動嫌いな人も、いますよね。


仕事で忙しかったり予定が多い人だと、バランスの良い食事を毎日摂るのは難しかったりします。自炊できれば一番良いのですが、仕事で疲れていると外食やコンビニなんかですませることもありますよね。


仕事をしていると、運動する時間もなかなか取れなかったりすることもあります。たまにならば良いのですが、運動不足も続いてしまうとやはり何か対策が必要があります。


そんな人は最近、手軽なサプリメントで血糖値対策をする人が増えています。


けれど、血糖値対策サプリっていろいろあって、どれを選んだらいいのか分からなかったりしますよね。



そんな中、話題のサプリ『ルックルックイヌリンプラス』の成分が最近、注目されています。


血糖値対策サプリを飲んでいる人の間でもこの成分は、評判がいいんです。


イヌリンって何?って思われる人もいると思いますが、多糖類と呼ばれる糖類の一種なんです。



『糖類で悩んでいるのに糖類を摂るの?』って思われがちなのですが、多糖類は特殊な栄養素で、水溶性植物繊維に分類されるんです。



水溶性植物繊維は、海藻や果物、豆類、野菜に多く含まれていて、元々、食欲を抑えたり、便秘を解消したり、血糖値の上昇を抑える効果があります。



イヌリンの特徴は、食べてもほとんど体内に吸収されないことです。さらに血糖値対策で注目されているのは、お腹の中で食べた他の糖類の吸収も抑えてくれるんです。


なので、食べ過ぎてしまった・・でも、糖類が体に吸収されにくいんです。


また、腸内でオリゴ糖になって腸内環境を整えてくれるので、お腹の調子をよくしてくれます。この多糖類は最近、健康に良い成分として雑誌やメディアでも注目されています。

 

このサプリは、イヌリンを多く含んでいる菊芋を使っています。
 


さらにイヌリンをはじめとする水溶性食物繊維が、他のサプリよりかなり多く含まれていて、業界トップクラスなのも大きな特徴です。



なかなか普段摂りづらい野菜や乳酸菌など、血糖値を抑えてくれる食品もバランスよく入っています。


このくらいの食品を毎日摂ろうとすると、自炊できる人でもメニューがワンパターンになりがちで飽きてしまって、続かないことも多いんです。


けれど血糖値対策って、続けないとなかなか改善されないです。



『ルックルックイヌリンプラス』は中高年の方はもとより最近は比較的若い人にも、その効果と手軽さ、そして他社に比べてコスパがいいので人気です。


このまま何も対策をしないでも、血糖値は自然に下がらないです。
そして、生活習慣を整えなければ、10年後、20年後は重度の糖尿病になっているかもしれないです。


健康を損ねるばかりか、多額の医療費もかかってきます。
まだ働ける状態であればよいのですが、前述のグレート義太夫さんはほとんど仕事が出来ません。


血糖値が高いのは、体からの危険信号です。
そして、糖尿病は一旦かかってしまうと症状を軽くすることは出来ても、一生治らない病気です。


将来糖尿病にかからないように、今からちょっと気をつけて体をケアしてあげてくださいね。確実に変わってきます。


まだ薬を飲むほどではないけれど血糖値が気になる人、生活習慣の改善が出来るか不安のある人や改善しているけれど効果がイマイチな人、食べる量を減らすのがつらくてストレスを感じてしまう人におすすめです。

 


特に食べたり飲んだりするのが好きな人が抑えていると、それがストレスになって、そのうちまた大食いになってしまうことって結構あるんです。

 

 

もちろん、そうならないように気をつけないといけないですが、生活習慣の改善と併せてサプリで対策しておくと、まずは安心ですよね。

 


今なら初回特価キャンペーン中ですので、まずは一か月分から試せます。もし合わなければ初回で解約できますので、気軽に効果を試せます。

 


詳細を知りたい人は、チェックしてみてくださいね。
業界初・糖をトリプルサポート!イヌリンプラス

血糖値が高いとなぜいけないの?

食事をすると、血液中の血糖(ブドウ糖)の値が高くなります。


正常な人だと食後このブドウ糖を分解するために、すい臓からインスリンという物質が分泌されます。

このインスリンがブドウ糖をエネルギーにして、体で消費されます。


血糖値が高い人は、すい臓からインスリンが出にくいのです。


インスリンがあまり出なくて、食後血糖値が下がらず高いままだと、血液中にあふれたブトウ糖が全身を周って体の組織を傷つけてしまうのです。


これが糖尿病です。


そして何の対策もしないでおくと、数年後には合併症を発症します。


ひどいと網膜症で失明したり、腎臓が機能しなくなって人工透析が必要になったりします。


また心筋梗塞脳梗塞など、心臓や脳の血管がつまるという死に直結する病気になることもあります。

 

そんな怖い糖尿病ですが、初期ではあまり自覚症状がないことから、放っておく人もいます。


ですが血糖値が高い人は、将来糖尿病や重い合併症にかかってしまわないように、予防することをおすすめします。

糖尿病の初期症状って?

糖尿病の初期症状を紹介します。



①やたら喉がかわく
②尿の回数が多いまたは尿の量が多く、甘いにおいや泡立つことも
③体がだるい、疲れやすい
④いつもどおり食べてるのに痩せる
⑤立ちくらみや手足がしびれる
⑥インポテンツ(性欲減退)
⑦目がかすむ

 

気になる症状がある人は、内科で血液検査や尿検査をすれば判ります。

乳がんに効果的な人参ジュースの作り方教えます

乳がんは12人に1人がかかると言われ、乳がんで亡くなる人の数も年々増えてきています。


乳がんといえば40代後半~50代で発症する人が多いのですが、最近では35歳以下で発症する若年性乳がんにかかる人が増えています。


フリーアナウンサー小林麻央さんも、33歳という若さで乳がんにかかったことが最近判りましたね。


そう考えると、若い女性でも他人事ではなくなってきています。
ただ乳がんは、他のがんに比べて早期発見で治る確率の高いがんなのです。


乳がんの治療や予防で必ずと言っていいほど話題になるのが、人参ジュースです。


人参には抗ガン作用があって、人参を使ったゲルソン療法という食事療法があります。


ゲルソン療法はドイツの医師マックス・ゲルソンさんが開発したガン治療で、人参をジュースにして毎日飲みます。


実際、ガンが小さくなったり治ったという症例もあって、自分で作って飲んでいる人も結構多いです。


ジュースにするといえばジューサーで絞ると思いがちですが、人参の大切な栄養素をこわさない様に作るにはコツがあります。


そんな乳がん治療や再発予防に効果的な人参ジュースの作り方を、紹介します。
乳がんに効果的な自分で作る人参ジュースの作り方を紹介します